[キャンペーンが終了しました]豪華特典キャンペーン中!!
商品
なぜビニール傘を3本以上持っている人は貧しいのか
午堂 登紀雄
Amazonでチェック!
本書籍を購入していただいた読者様だけに
特別原稿「思考力を鍛える問題解決の技術-全76P!」
をプレゼント

あなたに足りないのは未来を読む力だった

 

70万円の資金を1年で3億円にした男、午堂登紀雄

彼が成功した唯一つの秘密、それは未来を読む力

それは超能力でも神通力でもありません。
将来に起こりうることを想定する 想像力 のことです。
筆者はそれを「予見力」と呼んでいます。

本書のタイトルにもある
ビニール傘を複数本持っている人が
予見力に乏しい最も身近な例である。
つまり、雨が降るというのは天気予報を見れば予測できるのに
それを怠り、結果的に無駄なコストを発生させてしまう人だ。

不確実性が高まるこの時代で必要なのは
将来起こりうるリスク、動向を察知して行動に移すための
「予見力」に他ならない。

その能力をつけるための方法と
実践的なトレーニング方法をアドバイス!



思考力を鍛える問題解決の技術 全76ページ!!

なぜ問題解決能力が必要なのでしょうか?
現代は、過去の延長上に未来があるとは限らない「非連続」の時代です。だから、ただ単に真面目にやってい
るだけでは満足に稼げないし、「安定」さえも手に入れられない。そんな時代の武器になるのが「問題解決力」だ
と思います。

問題解決のスキルは学校でも会社でも教えてくれない。だから自分で意識して身につけるしかありません。
でも日常には問題があふれているから、練習台はいくらでもあります。そんな日常の中で、どうやって問題解決力

を磨き、鍛えていけばよいのか。

今回はなんとなんと「問題解決の技術」について盛り込んだ特典、全76pがついてきます!



著者プロフィール

NoImage

名前 午堂 登紀雄
自由記入 All Aboutにて「ニューリッチへの道」(http://allabout.co.jp/gm/gt/853/)を執筆中。
他にも「貧乏人が激怒する 新しいお金の常識」や「年収1億を稼ぐ人、年収300万で終わる人」など書籍を多数出版しています。
Amazonでチェック!

FaceBookコメント


TOPへ戻る 他のキャンペーンも見る